電子化された医療情報を
電子認証技術で守ります「日医IT化宣言2016」より抜粋

日本医師会認証局とは本センターが運営する、
公開鍵基盤(PKI:Public Key Infrastructure)を用いたセキュリティー基盤のことです。
電子的な印鑑と改ざん検知をする「電子署名(Digital Signature)」と通行証の役割をする
「認証(Authentification)」の機能を提供しています。

News

お知らせ

2018.02.28
医師資格証のパンフレットが新しくなりました。
2018.01.10
【医師資格証を受取可能な医師会一覧】ページを更新しました。
2017.12.22
【医師資格証の提示による医師の資格確認について】

「公益社団法人日本医師会が発行する医師資格証の提示による医師の資格確認について(平成29年12月18日医政医発1218第1号)」
従来、医療機関等が医師を採用する際には、医師免許証原本の提示による医師資格の確認が求められてまいりましたが、本通知により、医師免許証と同様に、医師資格証の提示による資格確認も、新たに認められることとなりました。
2017.11.16
【システムメンテナンスのお知らせ】
システムメンテナンスのため、下記日程において一部の
サービスがアクセスできなくなります。

【停止日時・対象サービス】

11月27日(月) 8:00-18:00
「日本医師会電子認証センターホームページ」

12月6日(水) 13:00から
12月7日(木)  15:00まで
「医師資格証 電子署名システム」
「医師資格証ポータル」

サービスをご利用されている皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
2017.06.28
2017年6月29日(木曜日)21:00より2017年6月30日金曜日早朝にかけて、システムメンテナンスのため、医師資格証ポータル及び電子署名システムへのアクセスができなくなります。
サービスをご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

Medical Doctor
Qualification
Certificate

日本医師会電子認証センターが発行する「医師資格証」とは

医師資格証

日本医師会電子認証センターは、厚生労働省の定める基準を満たし、これからのIT医療において重要となる「HPKIカード」を発行できる「HPKI認証局」として認められています。
医師資格証は、提示による証明だけでなく、ICカードリーダを用いて、ITの現場においても、保有者が医師であることを電子的に証明することが可能です。

地域医療ネットワーク利用事例

現在、すでに稼働中の地域医療ネットワークにおいて医師資格証をご利用頂いております。

TOPへ戻る
Copyright© Japan Medical Association. All rights reserved.