電子化された医療情報を
電子認証技術で守ります「日医IT化宣言2016」より抜粋

日本医師会認証局とは本センターが運営する、
公開鍵基盤(PKI:Public Key Infrastructure)を用いたセキュリティー基盤のことです。
電子的な印鑑と改ざん検知をする「電子署名(Digital Signature)」と通行証の役割をする
「認証(Authentification)」の機能を提供しています。

News

お知らせ

2017.06.13
2017年6月19日(月曜日)13:00より終日、システムメンテナンスのため、医師資格証ポータル及び電子署名システムへのアクセスができなくなります。
サービスをご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
2017.05.16
「医師資格証 電子署名システム」動作不具合に関して
※ 4月中旬から5月上旬にかけての Windows Update
  更新プログラムの影響により、一部ボタンが動作し
  ない現象が報告されています。対処方法については
  こちらをご覧ください。
2017.04.21
ホームページをリニューアルしました。
※ リニューアル後、ブラウザによっては、正しい形で
   表示されないことがあります。ページが正しく表示
   されていない場合は、お使いのブラウザのキャッ
   シュを削除し、ページをリロードしてください。
2016.12.06
年内の医師資格証の発行に関しまして
2016.11.08
2016年11月8日(火曜日)19:00〜20:00 の間でシステムメンテナンスのため、医師資格証ポータルおよび電子署名システムへのアクセスができなくなります。
サービスをご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

Medical Doctor
Qualification
Certificate

日本医師会電子認証センターが発行する「医師資格証」とは

医師資格証

日本医師会電子認証センターは、厚生労働省の定める基準を満たし、これからのIT医療において重要となる「HPKIカード」を発行できる「HPKI認証局」として認められています。
医師資格証は、提示による証明だけでなく、ICカードリーダを用いて、ITの現場においても、保有者が医師であることを電子的に証明することが可能です。

地域医療ネットワーク利用事例

現在、すでに稼働中の地域医療ネットワークにおいて医師資格証をご利用頂いております。

TOPへ戻る
Copyright© Japan Medical Association. All rights reserved.