よくある質問(資格証保有者向け)

各種届出

紛失手続き
Q
医師資格証紛失時の手続きと費用
A

医師資格証を紛失した場合には、お電話にて電子認証センターにご連絡ください。ICチップ内の電子証明書を緊急失効いたします。

その後、紛失届に必要事項をご記入いただき、電子認証センターまでお送りください。また、再発行を希望される場合は、再発行に必要な書類も同時にお送りください。

紛失届・再発行申請書等のダウンロードは下記よりお願いいたします。

医師資格証 紛失届

再発行
Q
再発行手続き
A

再発行申請書に必要事項をご記入いただき、その他の必要書類と一緒にお送りください。

医師資格証 再発行申請書

利用中止手続き
Q
利用を中止したい場合の手続き
A

利用中止届をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、電子認証センターまでお送りください。

医師資格証 利用中止届

会員種類変更
Q
会員から非会員、または非会員から会員になりました。必要な手続等ありますか?
A

再発行申請書が必要となります。申請書左上の申請区分は、"F. 日医会員/非会員変更"にチェックを入れてください。

必要書類をご用意の上、電子認証センターまでお送りください。なお、日医会員になった場合の再発行費用は無料となります。

医師資格証 再発行申請書

姓名変更
Q
姓名変更の手続き
A

姓名が変更になった場合は、姓名が変わった新しい医師資格証の発行が必要となります。申請書左上の申請区分は、"E.姓名変更"にチェックを入れてください。

必要書類をご用意の上、電子認証センターまでお送りください。なお、再発行を行う場合、カード発行費用として5000円(税抜)がかかります。

医師資格証 再発行申請書

暗証番号
Q
暗証番号を忘れてしまった場合
A

PIN(暗証番号)を忘れた場合は、"開示申請書"と医師資格証のおもて面のコピーを電子認証センターまでお送りください。
その後、センターからPIN番号が記載された用紙を住民票住所に郵送いたします。

医師資格証 暗証番号(パスワード)開示手続き

住所変更
Q
住所・勤務先の手続き
A

『連絡先変更届』に必要事項を記入し、医師資格証おもて面のコピーと一緒に電子認証センターまでお送りください。(住民票住所変更の場合は住民票も同封してください。)

医師資格証 連絡先変更手続き

利用料等
Q
(日医非会員) 年間利用料の支払方法の変更
A

ダウンロードページの"支払方法変更届"にご記入いただき、郵送もしくはFAXにて電子認証センターまでお送りください。

医師資格証 暗証番号(パスワード)開示手続き

利用料等更新
Q
更新時にかかる費用
A

更新時には新しい医師資格証を発行いたしますので、発行事務手数料の5,000円(税抜)が必要となります。

日医非会員の方は、それに加えて6,000円(税抜)の年間利用料が必要となり、合わせて11,000円(税抜)が更新時に必要となります。 更新時の発行事務手数料(年間利用料)は、払込票を使用した「ゆうちょ・コンビニ払い」でお支払いいただきます。

医師資格証 利用料支払い方法変更届

医師資格証の使い方

使い方
Q
医師資格証のパソコンでの利用
A

PCでの利用には2つのものが必要となります。

  1. 市販のICカードリーダ
  2. HPKIカードドライバー(ICカードリーダで医師資格証を使えるようにするためのプログラム)

1.のICカードリーダは、下記に動作確認済みの機器リストがございますので、そちらをご利用ください。
2.のHPKIカードドライバーは、電子認証センターのホームページから無料でダウンロード出来ますのでご利用ください。

動作確認済み機器リスト

電子署名
Q
電子署名された書類を手にしたのですが、その電子署名が正しいかどうかの検証はどうやってやるのですか?
A

電子署名されたPDFの検証を行うには、検証ソフト"日医Signed PDF Verifier"が必要となります。こちらからダウンロードしてください。

※なお、本ソフト導入には、AdobeのPDF閲覧ソフトが必要となります。

日医Signed PDF Verifier

電子署名
Q
電子署名の利用方法と料金
A

医師資格証を用いた電子署名方法としては、電子認証センターが無償で提供している"医師資格証 電子署名システム"をご利用いただくか、各メーカより販売されている有償ソフトをご利用いただく方法があります。

医師資格証 電子署名システム

利用
Q
医師資格証を使った講習会等での出欠管理
A

その講習会で医師資格証出欠管理システムが導入されている場合は可能です。

利用
Q
出席した講習会の履歴と証明書の出力
A

医師資格証で出欠をされた方に関しましては、履歴が残っております。しかしながら、2017年1月5日現在の時点では、それらの履歴が確認できません。

履歴と講習会の証明書出力に関しては、2017年4月より順次、各保持者のポータルサイトの画面より確認できるようになっております。

認証
Q
電子認証の利用ケース
A

各地域にある地域医療連携ネットワークにログインする際などに、従来通りのIDとパスワードを入力するやり方の代替手段として利用することが出来ます。

※パスワードの入力は必要です。
※ご所属の地域医療連携ネットワークによっては、この認証機能がご利用できない場合もございます。

利用
Q
電子署名を施したファイルの相手への送信方法
A

電子署名したファイルはメール等でも相手に送ることが可能です。

利用
Q
身分証明書としての利用について
A

現在(2017年1月5日現在)は、公的身分証明書としては利用できません。

利用
Q
医師資格証と航空会社との関係について
A

日本医師会は、現在JAL(日本航空株式会社)と、「JAL DOCTOR制度」を通じ提携しております。そのサービスを医師資格証利用することができます。

詳しいサービスの詳細・登録方法などは、下記JALの専用webサイトからご覧ください。

JALマイレージバンク JAL DOCTOR登録制度

TOPへ戻る
Copyright© Japan Medical Association. All rights reserved.