電子化された医療情報を
電子認証技術で守ります「日医IT化宣言2016」より抜粋

日本医師会認証局とは本センターが運営する、
公開鍵基盤(PKI:Public Key Infrastructure)を用いたセキュリティー基盤のことです。
電子的な印鑑と改ざん検知をする「電子署名(Digital Signature)」と通行証の役割をする
「認証(Authentification)」の機能を提供しています。

News

お知らせ

2019.12.03
2019年12月4日(水曜日)15:00〜16:00 の間でシステムメンテナンスのため、医師資格証ポータルへのアクセスができなくなります。
サービスをご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。
2019.09.12
【消費税率引き上げに伴う対応に関しまして】

2019年10月1日からの消費税法改正に伴う医師資格証関連のお知らせを掲載いたしました。
2019.03.22
【お知らせとお詫び】

2019年2月12日に公開した署名検証ソフト 「日医HPKI SignedPDF Verifier」に 一部不具合がございました。
当該ソフトをご利用中の皆さまにはご迷惑をおかけいたしましたこと、お詫び申し上げます。

不具合を修正した最新版を公開いたしました。
本日以前に当該ソフトをダウンロードし利用されている場合は、再度ダウンロードし、お使いのPCへのインストールをお願いいたします。


お手数おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
2019.02.20
「医師資格証 出欠管理システム」の不具合に関してを公開しました。
2019.02.12
署名検証ソフト「日医 HPKI Signed PDF Verifier」の最新バージョンを公開しました

Medical Doctor
Qualification
Certificate

日本医師会電子認証センターが発行する「医師資格証」とは

医師資格証

日本医師会電子認証センターは、厚生労働省の定める基準を満たし、これからのIT医療において重要となる「HPKIカード」を発行できる「HPKI認証局」として認められています。
医師資格証は、提示による証明だけでなく、ICカードリーダを用いて、ITの現場においても、保有者が医師であることを電子的に証明することが可能です。

地域医療ネットワーク利用事例

現在、すでに稼働中の地域医療ネットワークにおいて医師資格証をご利用頂いております。

TOPへ戻る
Copyright© Japan Medical Association. All rights reserved.