Top > 日本医師会認証局とは > HPKIと日医認証局について

日本医師会認証局とは

HPKIと日医認証局について

日医認証局は、HPKIがルール化される前からISO17090(当時はIS前のTS)に則った認証局を構築・試験運用していて、厚生労働省がHPKIをルール化した時には、すでにHPKIに準拠した認証局を保有しているという状況でした。このため、HPKIの準拠性監査を実施する厚生労働省の「保健医療福祉分野における公開鍵基盤認証局の整備と運営に関する専門家会議」が、厚生労働省の事業として2006年にルート認証局の構築を決め、その運用と準拠性監査を実証することにした時、日医認証局に実証への協力依頼を出しました。日医はこの依頼に対して、最終的な運営準備を整えた2009年に協力をすることで、正式に厚生労働省のルート認証局と相互に接続を完了しています。

このような経緯から、日医認証局はHPKIのルール作りの段階からHPKIに関与し、現在、医師の証明を行うHPKIの認証局として先駆的な役割を担っています。

Copyright© Japan Medical Association. All rights reserved.